副業として不動産投資をはじめよう|家賃保証サービスの利用が大切

資産を守る方法

積まれた硬貨

多様な運用スタイル

インフレによる目減りを避けることが、資産運用の初心者が投資の方針を決めたり、対象を絞り込む場合の基本です。そして資産を増やすだけではなくて、安定したインカム収入を確保したいときには、不動産投資を行うのが理想的です。ビルやマンションを一棟丸ごと買う場合には、1億円以上の資金が必要になりますが、アパートであれば数千万円程度です。そのために小規模なアパートからスタートして、複数の物件を所有することに成功した、不動産投資の初心者も多いです。けれども安定性と成長性のバランスを考えながら、資産運用を行うためには、投資対象のカテゴリーを分散させるべきです。株式や債券にも投資する一方で、ワンルームマンションなどを購入するのが、初心者に適した不動産投資のスタイルです。一棟売りの物件は高額ですが、マンションの区分所有権であれば1000万円程度で購入できるので、不動産投資の初心者にも最適です。保有物件の管理を専門業者に委託することも可能であり、サラリーマンやシニア層も、手間をかけずに安定した家賃収入が得られるでしょう。また流動性も重視して、ポートフォリオに不動産を組み込みたいと考える人に人気があるのは、REITなどの証券化された金融商品です。10万円程度から購入できるのがREITの魅力であり、ボーナスや退職金などの運用で悩んでいる人たちにも大人気です。リアルタイムで売買できるので利益の確定も容易であり、分配金収入と値上がり益の両方が狙えるメリットも大きいです。

Copyright© 2017 副業として不動産投資をはじめよう|家賃保証サービスの利用が大切 All Rights Reserved.