イソフラボンの様々な効果|女性に嬉しい大豆の効果

女の人

ヘモグロビンが足りないと

医薬品

種類と症状

貧血と言えば鉄欠乏性がもっとも知名度が高くて患者数も多く、鉄分が不足することで発症し、生理のある女性に多くみられるという特徴があります。その症状としては動悸や息切れ、めまいといったものや、髪の毛や爪や肌が荒れたり、味覚変化や嚥下障害などもみられることがあります。この他にも貧血にはいろいろな種類があり、葉酸やビタミンなどの不足が原因の悪性貧血や、溶血による赤血球不足が原因の溶血性、腎臓病が原因の腎性や骨髄の障害などによる再生不良性などがあります。またこういったもの以外にも、胃がんや胃炎といった胃のトラブルでも発症することもありますし、大腸がんや大腸ポリープでも体内で出血があれば貧血になることもあります。それゆえに貧血といっても、その裏に別の病気が隠されていることもあるので、気になる場合は病院で適切な検査を受けるようにしましょう。

低血圧との違いと改善方法

貧血と似た症状がみられるためによく勘違いされがちな低血圧。もっともその原因は明らかに異なっており、貧血がヘモグロビンの減少なのに対し、低血圧は血圧が低くて血液を体内に巡らせるための圧力が下がっている状態のことです。それゆえに勘違いしたまま対処方法を実行しても効果は得られません。よって自己判断できないようならば、検査を受けてどちらなのかはっきりさせましょう。またこの二つの病気をともに併発していることもあるので、そういった場合は両方の対処方法を実践しましょう。そんな改善のための対処方法としては、食生活の改善や睡眠、適度な運動といった生活習慣の見直しがあります。とくに食事は重要視されており、鉄分が豊富に含まれているレバーや牡蠣、大豆製品などの食材や、鉄分の吸収を高めるカルシウムやビタミンCといった栄養素なども一緒に摂取するようにするのがおすすめです。