副業として不動産投資をはじめよう|家賃保証サービスの利用が大切

アパート経営の落とし穴

積み木と紙幣とそろばん

収入を途絶えさせないため

最近、節税や老後生活への投資として、アパート経営を始める人が増えています。賃貸経営は初めてという人がアパート経営を始めるに当たって、不動産管理会社の選び方は重要です。入居者の募集や部屋の管理やメンテナンスを一任できる存在があれば、力強いことこの上ありません。不動産管理会社の存在があれば、入居者との間にトラブルがあっても、解決へ導いてくれます。ただ、それ以外にも、管理会社としての抑えどころが幾つかあります。アパート経営には、ある程度のリスクは付き物です。入居者を募集しても部屋が埋まらないという事例も数多くあります。新しいアパートであれば、比較的直ぐに満室の状態になりますが、10年以上の物件では空室が目立つ物件も結構あります。そのような場合には、家賃保証制度を利用すると便利です。家賃保証制度は、殆どの不動産管理会社で導入しています。会社によってサービス内容は若干違いますが、空室が3カ月以上続く場合に、家賃の5割から7割ほどを保証してくれる制度として定着しています。家賃保証制度を利用すれば、収入が途絶える心配はなくなります。そして、この制度の落としどころは、制度の適用が開始される以前には入居者が決まるという点にあります。家賃保証制度の保証金は、実質として不動産管理会社の支出となるため、空室を作らないための迅速な募集活動が実施されます。オーナーとしては、制度の運用を待たずに入居者が決まることで、収入減を回避することができるのです。

Copyright© 2017 副業として不動産投資をはじめよう|家賃保証サービスの利用が大切 All Rights Reserved.